仕事メモ

燃油、肥料高騰緊急対策の助成金

今回の国会で成立した補正予算の一環として、

肥料の価格が急騰した今年の7月から来年の6月までの分、

購入(使用)した分に対して、

緊急の対策として、農家に対して一定の助成金が支給されることになった。

  

まだ、知らない人の方が多いのでは?

  

申請、審査、承認、支払いの手続きは、各都道府県によって

決められます。

  

埼玉県においては、11月21日(金)に説明会が行われる予定。

これは、一般の農家対象の説明会ではなく、

各市町村の職員の方たちが参加するものと思われます。

  

ただし、かなり緊急で、もしかすると今年の12月には

概算の申請をしなくてはならないかもしれません。

  

そうなると時間がありません。

  

私も21日の説明会のことを役場の職員の方に教えてもらって、

肥料商という立場で動きたいと思っています。

  

関心のある農家の方は、農林水産省の燃油、肥料高騰対策

のページを見てください。

リンク張っておきます。 農水省の燃油、肥料高騰対策 

  

大変に長い文章ですが、必ず目を通しておいたほうが

いいと思います。

  

 

以上。

  

  

| | コメント (0)

肥料高騰シリーズ  

 

10月現在の動向

  

燐鉱石などの価格は落ちついてきたようだ。

しかし、

相変わらず中国からの輸入はストップしていて

価格が下がる要素はない。

むしろ

カリの相場は天井が見えず。

更に上昇の傾向にあるようだ。

 

末端価格は、そのまま上げれば来年度の春肥も

値上がりとなる模様。

しかし、

100円前後の値上げならば、もう上げられないだろう。

  

7月にドカンと上がった価格。

 

来年は、上がりもせず、下がりもせずといった感じか。

   

ただし、

  

農薬関係。

  

農薬業界は2年間、値上げを待った、、、されてきた。

  

来年より、全銘柄、一律に値上げする方向らしい。

  

  

  

  

| | コメント (0)

JGAP指導員資格を取得しました。

 

6月11日に日本GAP協会より、「確かに試験回答を受理しました」

とのFAXがあってから、すでに2ヶ月以上が経過。

なんの連絡もない、、、。

  

怒りの電話を入れました。

  

「高い研修費取っておいて、いつまで待たせる気だ!なめてんのか!こらー!いったい結果はどうなってんだ!」

  

みたいに言いたかったけれど、もう少しやわらかく言いました。(^^)

  

すぐに折り返しの電話をする、ということで待っていると、

かかってきました。

「大変申し訳ございません、、、。お盆休み明けには、、、なんとか結果を郵送できると思います、、、。」

と言う感じです。

 

「わかりました。でも、いますぐ試験結果が知りたいのですが、教えていただけますか?」

と、もう一度言ってみたところ、

  

「90点です。合格です。」

だって。

  

なんだよ、、、(^^)  受かってんじゃん!

  

「あ、あ、あ、そうですか。ありがとうございます」

なんて言ってしまった。

  

とりあえず良かった。合格してて。

  

あとで模範解答と試験の採点用紙を送り返してくれるので、

なんで100点じゃないのか、、、見てみよう!

  

  

合格証が送られてきたら、写真アップします。

  

まあでも、、、もう少し早く連絡して欲しかったかな、、、。

こちらから電話しなかったら、もう一ヶ月ぐらい連絡こなかったかもね。

  

日本GAP協会さん、、、しっかりしてくださいね!

  

こんな感じでは、普及しませんよ。

  

   

ひで

  

  

| | コメント (2)

8月4日(月) 仕事も一段落  

昨日は、消防団の暑気払いにOBとして呼んでいただきました。

  

2次会まで付いていってしまい、

まあ、、、久しぶりに現役組と飲み、いろんな話もできたかな?

  

9月には九州の鹿児島への旅行を計画しているとのことで、

その旅行にも呼んで頂いています。

  

ありがたい。

  

今年はOBとして始めて参加する旅行なので、

楽しみ!

 

現役の去年までは、みんなを連れて行く、、、

といった感じが強く、無事に終わって欲しい気持ちが強かったのです。

 

しかし、今年は連れて行ってもらう立場。

なんか楽でいいじゃん!!!

  

仕事のほうも、6月よりかなりハードにこなしてきましたが、

ここで、やっと一段落です。

  

ハウスのほうも、ほぼ90%完成しました。

P1000019

P1000020

P1000021 間口2間半×40m  天井までフルオープン式

  

あと、前に建てたハウスの修理も頼まれたので、

それを職人さんたちにやってもらっている最中。

  

それも今週中には終わる予定です。

  

肥料の配達のほうも一段落。

適度に配達はあるものの、

一時の集中から思えば、楽勝です。

  

お盆休みまでは、集金が主な仕事となります。

  

今回の値上げの件も、農家の側でも理解しているらしく、

すでに新価格の肥料がでています。

 

いろいろで、あわただしかった今回の値上げ騒動。

  

一段落と言った感じでしょうか。

  

  

仕事以外では、海に行ったり、

飲み会に行ったりと記事にしましたが、

  

この間、都内のライブハウスにも行ってきました。

プーさんに付き合ってもらって、行ってきました。

  

まあ、、、近いうちに出演してみようと思ってるライブハウスに

下見と言った感じです。

  

まだ、いくつか見たいスペースがあって、

いろいろ見てからかなあ、、、。

  

もう42歳。

  

出演者が、若者ばっかりの店だと、、、、違和感あるしね。

  

まあ、、、それでもいいんだけど。

  

若くないけど、、、いかしたおやじ!  だしね。(^^)

  

  

それから、この間CDのベスト盤を何枚か出してしまって、

もう残り7枚のみになってしまいました。

 

ライブで売るつもりだったんだけど、、、。

  

5曲入りぐらいの新しいCDも今年中には出そうと思っています。

  

  

  

毎日とにかく、、暑い日が続きますね。

夏バテにはご注意を!

  

それでは。

   

   

   

                        ひで

  

  

  

  

  

 

 

| | コメント (0)

7月24日(木) 日記と仕事関係の話

子供達も夏休みに入った。

来週末に、海にでも連れて行ってあげる計画なので、

その前までに、ある程度仕事の方は区切りをつけておきたい。

  

毎年7月は、なにかと忙しい。

今年は、それに加えて「肥料の高騰」などがあって

6月から前倒しで忙しくしていたため、

ここで、少しバテぎみです。

  

毎日、なるべく早く寝るようにしてるんだけど、

疲れすぎてて逆に寝付けない。

暑いし、、、。

 

もう少しの辛抱と思ってやってます。

  

それから、肥料が遂に値上がりしました。

今月に仕入れた肥料は、あたりまえなんだけど

ほんとうに上がってます。

  

新価格表もできました。

  

今月は、値上がりの影響で

ほとんど動かないだろうと思っていましたが、

新価格の肥料も動き出してます。

  

全員が値上がり前のものを

買っていたわけではなくて、

上がったら上がったで、必要な分だけ買う、

といったお客さんからの注文があります。

  

今、2件の農家の人からパイプハウスの仕事を頂いていて、

その工事などの段取りに追われています。

  

このご時世に新築のハウスの仕事がくるなんて、

このあたりは、まだまだ恵まれている地域なんでしょう。

  

肥料屋は農家の人達が

比較的、暇になった時期に忙しく、

農家が野菜などを収穫、出荷している時期は、

暇になります。

  

なので、秋になれば、

新曲などを録音したりする時間がとれるはず、、、、。

  

今は曲を作り貯めておく時期なのです。

  

  

最後に、、、

取引先の商社の担当の話では、、、

  

恐ろしい事に、、、  

  

来年1月以降に、、、更なる値上げがあるみたいです。

  

もう、、、記事にするのもイヤになっていますが、

そういう展開なのです。

  

  

    

  

ひで

| | コメント (0)

肥料高等シリーズ 今思うことなど、、、

今週中に、新価格表を作成しなければなりません。

 

今年度12月一杯までの価格になると思います。

  

その新価格をもって、秋肥の注文に来週より出かけます。

重ねて、今までの集金業務もあります。

  

肥料の大幅な値上がりを見越して、

前倒しで秋肥はかなりの量が出てしまいましたが、

それでも、まだ動いていない農家の方々もいます。

  

肥料なくして作物はできません。

 

残念ながら、新価格での販売となります。

たぶん、厳しい商いとなるでしょう。

  

新しい価格表を作っている最中ですが、

自分の予想をはるかに上回っていることに

驚きをかくせません。

  

2倍以上の価格の銘柄もあります。

  

1.5倍は普通です。

  

ここまでとは、、、、さすがにびっくりしています。

  

これは、今までの施肥設計を

少し見直す時期にきているサインかもしれません。

  

これだけ肥料代金が上がっても

野菜の値段は一向にあがりません。

  

農家が、ほんとうに厳しい状況に追い込まれています。

  

何か安価なものと併用して、

反あたりのコストを抑えるような

提案をしていかなければ、、、

  

難しい課題です。

  

  

生産者、販売店、メーカー、商社が

一体となって取り組まなければいけない時代に突入していると感じます。

  

そして、国。

国策で第一次産業、特に農業に力を注いでもらわなくて

自給率の向上もありえません。

  

最後は”食”なのです。

  

お金があっても、食べるものがなくなったら、

国は終わりですよ。

  

  

  

ひで

  

  

  

| | コメント (2)

本日、在庫は全て完売しました。 

今日(30日)、最終日。

明日より価格改定です。

  

最後の旧値の肥料をメーカーのセンターまで引き取りに

行ってきました。

  

それも全て完売しました。

倉庫に残っている肥料も全銘柄がSOLD OUT。

全てきれいに完売しました。

  

うちのお客様で、このブログをご覧になっている農家の方々。

ありがとうございました。

  

明日からのご注文は、今まで書いてきた通り、

全て新価格になりますので、

宜しくお願い致します。

  

  

  

話は変わって、

昨日の夜はお好み焼きを作りました。

餃子の次は、お好み焼きです。

P1000001

  

結構、うまく出来た、、、つもり!

  

それから、プライベートなこと。

長女が埼玉県の硬筆展で銀賞を頂きました。

家族で展示してある小学校まで見に行ってきました。

 

日曜日だし、県全部の大会なので

ものすごい混雑でした。

  

長女は、特に先生に習っているわけでもなく、

家で自分なりに書いただけなので、

銀賞で十分です。

  

県までいっただけでエライ!

  

しかし、パパ(俺)は、

来年は金をとらせる、、、ぞ!

みたいな感じで、密かに燃えています。

まあ、俺が書くんじゃないけど。

  

  

それから、明日からまたまたガソリンが値上がりするんだよね。

いったい、、、どこまであがるんだろうか、、、。

  

とりあえず、満タンにしてくるか。

  

  

  

ひで 

  

  

   

  

  

| | コメント (0)

旧値の肥料の在庫 ほぼ完売

  

7月からの歴史的肥料の値上がりにおいて、

農家の前倒し需要が強い。

  

現在の倉庫内の旧値の肥料の約90%は、

売約済みで、ほとんど完売状態となりました。

  

農家への配送を順次行っているわけですが、

ここ2週間で、前年対比で約2か月分の注文が殺到。

  

配送は7月にずれこみ、先着順で対応しています。

  

今回は、値上がりもそうだけれども、

肥料自体が買えなくなってしまうのでは、、、?

といった問い合わせも多いです。

  

 「今買っておかなくては、、、当分の間、物がなくなってしまう、、、」

といった心理もあるようです。

 

その件に関しては、心配しなくてもいい、と言っています。

  

実際、メーカーに値上がり後の肥料の注文をいれたところ、

7月中に 入るとの返事が来ました。

  

なので、それに関しては大丈夫だと思います。

  

  

少しイライラしているのが、

新価格の具体的な数字が、まだわからない、、、ということです。

  

販売店においても、上がるなら上がるで

価格表を作り直さなくてはなりません。

  

それができないのです。

  

一日も早く、銘柄ごとの具体的な価格を

メーカーより提示して頂きたいものです。

 

  

今日は、3時ギリギリまで配達して、

その後に、子供のドッチボール大会の練習に行ってきました。

  

ハード。

 

疲れました。

  

  

  

  

ひで  

  

  

  

  

| | コメント (0)

過去に類を見ない大幅な値上げ 肥料高騰シリーズ

 

7月1日より、新価格が適用される。

平成20肥料年度。

  

猶予はなし。

  

過去に類を見ない大幅な値上げが予想されています。

理由は、過去の記事を参照して下さい。

  

  

しかし、今のところ銘柄ごとにいくら?という具体的な価格案内がない。

  

それでも7月出荷分より新価格の適用になる、そうです。

  

メーカーが価格策定中で、まだ決まっていないのだ。

  

うちの会社も銘柄によって在庫がなくなってきました。

  

旧値の肥料は、残りわずか、、、です。

  

  

動きの早い農家の人は、すでに今年12月一杯、いやいや

来年の春肥ぐらいまで、買っています。

  

6月なのに秋の配達最盛期並に忙しいです。

  

  

肥料高騰に関するアクセスがほんとうに多くなっています。

関心の高さがわかります。

 

  

過去の記事は「仕事メモ」より入ってください。

 

今日は疲れました、、、、(++)v

 

  

暑いし、忙しいし、バテテいます、、、。

  

それでは。

  

  

  

      ひで

  

  

  

   

| | コメント (0)

朝日新聞の記事 肥料高騰シリーズ

肥料1.5~2倍に値上げへ 全農が最終調整

 

化学肥料の約6割のシェアを持つ全国農業協同組合連合会(JA全農)が、主要な肥料の販売価格を7月から現行の1.5~2倍程度に値上げする方向で最終調整していることがわかった。原料のリンや窒素などの価格高騰が理由。今後、農産物の価格にも影響する可能性がある。

 全農は原則的に毎年7月に肥料の価格を改定している。値上げは今回で5年連続。73年の第1次石油危機時に品目によって30~40%値上げしたが、今回はそれを上回る過去最大の上げ幅になる。農林水産省によると、生産費に占める肥料の割合は約1割で、値上げは農家にとって大きな負担となる。

 全農は近く値上げ幅を発表する。ただ毎回、肥料の価格そのものは公表していない。農水省の資料などによると、様々な肥料を混ぜ合わせた「高度化成」という主要な複合肥料の場合、価格は20キロあたり2100円程度(06年)。倍になると4千円を超える。

 中国やインドなど新興国の食糧需要の急増に合わせて、世界の肥料の需要も増加。肥料の3大要素であるリン、カリウム、窒素の国際価格も急騰している。日本は原料のほぼ全量を輸入に頼っているが、リン鉱石の有力な生産国である中国は、国内分を確保するため輸出税を課すなどして輸出を規制している。

 肥料価格の高騰は、ローマで今月開かれた「食糧サミット」でも、食糧問題に深刻な影響を与えていると指摘された。(吉村治彦、小山田研慈)

  

以上、asahi.comより(リンク)

  

  

あまりにも野菜栽培において、経費が高くなれば、

スーパーに売ってもらっていたのでは、農家ももうからない。

国産の野菜は、直売形式が主流になる日も近いか。

  

  

  

肥料高騰シリーズの過去の記事は、

右のサイドバーの「仕事メモ」より入ってください。

  

  

  

ひで

  

  

  

| | コメント (0)